屋根のデザイン

町田の一戸建て住宅で選ぶ屋根のデザイン

町田で一戸建て住宅を建てる際には注文設計であれば様々デザインを選ぶことが可能ですが、間取りなどの内部空間の他にも外部のデザインにこだわることもできます。外部は他人から直接見えますので、その家のイメージを決める重要な部分となります。色々なデザインで設計できますが、一般的な木造住宅では使用できる材料にも限りがあります。特に屋根に関しては構造体にも影響を与えますので、デザインとともに計画していく必要があります。

外部のデザインには法律的な制限はありませんので、基本的には自由なプランを選ぶことが可能です。法律ではデザインではなく材質や基本性能を規定しているだけですから、デザインについては特に問題はないと言えます。町田でもデザインを優先したプランは可能ですが、地域によっては注意点があります。建築協定といいますが、法律を超えた範囲で地域が定める条件となります。建築協定には様々なものがあり、外壁や屋根の色が制限される場合がありますし、緑地を設けるなど地域によって様々な内容となります。

屋根の形状には色々な種類がありますが、町田で選ぶには建築協定を優先する必要があります。建築協定がない場合は自由にできますが、切妻や片流れ、寄棟や入り母屋があります。入り母屋は和風住宅に多く採用されますが、現在ではほとんど見なくなった形状となります。一戸建て住宅では町田でも寄棟や切妻が多く選ばれていますが、勾配によって使える仕上げ材が変わりますので注意が必要です。

屋根の仕上げ材には金属系の物が多く採用されていますが、耐久性が高く重量が軽いのが特徴です。和風住宅では瓦が使われますが、瓦は重量が重くなるため構造体にも重さに耐えられる強度と耐久性が必要になります。また重いものが上にあるほど地震では揺れが強くなりますので、瓦を使用すると耐震性を高める必要が出てきます。仕上げ材によって住宅構造にも違いが出てくるため、建築費用が割高になる場合もあります。

町田でも一戸建て住宅の屋根の仕上げや形状を自由に選ぶことができますが、仕上げ材の種類によって重量が異なるため構造体にも重さに耐えられる能力が必要になります。注文設計では自由なプランが魅力ですが、建築協定がある場合には内容に合わせて設計する必要があります。建築協定は法律的な強制力はありませんが、地域に暮らす人にとっては人間関係の悪化につがなるため内容に合わせることが大切です。

最新記事

  • 町田で庭付き一戸建てに住む時のガーデンプラン 一戸建てを町田に建てる方の多くは、庭はかかせない条件のひとつにな …

    庭付きに住む時のプラン